忍者ブログ
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

龍馬伝も回がすすんで第3部となり、舞台は長崎へ。
お元役の蒼井優さんもようやく登場ですね〜。

以前「おせん」というドラマや映画「蟲師」でも
和服の似合う女優さんだと気になっていたのですが、
龍馬伝ではまたどことなく裏のある、ただ綺麗なだけじゃない役柄がそそられます。

お元特に芸姑姿でない、普段着の絞りの着物に赤い半衿が、
気になる気になる(笑)。

土佐の素朴な家族や潔すぎるお佐那様とはまた全然違う、
……洗練された感じ?
お龍さんの黒繻子衿ともまた対照的で、インパクト絶大。

ドラマの衣装デザインは役柄作りの一部でもあるので
よりわかりやすく強調されているのでしょうが
それはさておき。

和服の赤という色は本当に配色如何で、
かわいらしくも大人っぽくもなるもんだなあと
いつもちょっと感動します。
PR
テレビじゃなく映画館で久しぶりに映画を見ました。
蒼井 優さんの着物姿がまた見たくて(笑)。

女性3世代の小さな物語。
派手なアクションも特別なシチュエーションもないですが
なんとなくほんわかした感じの映画です。

劇中のおばあちゃんのお父さんに思わず泣けました。

プラッと見に行ったんですが、公開直後だったようで
アンケートとられてそのことに驚いたりして。

ヴィヨンの妻太宰治の小説はとかく食わず嫌いで(食わず嫌い結構ある…)、
何がいやかというと、ただ理由もなく陰鬱な気持ちだけが
まるで宙に浮いてるようなイメージがあったからです。

いや、理由はあるのでしょうが
それがわからないと、まるで置いてきぼりでも喰らった
ように途方に暮れてしまうじゃないですかぁ〜。

昨年の2009年は太宰の生誕100周年でイベントや出版物等おおいに取りざたされて、
話題になってましたが、それを横目で見つつ結局本を手にとる事もなく……

でも、ちょっと時流に乗らなかったことを今更後悔してたりして。
せめてこの映画は公開時に見ればよかったかな。

わからないことはわからなくていいのだと、そろそろホントに
声に出してもいいのかな、とか思うのです。

この映画の中でも「佐知」さんが途方に暮れてますが
彼女はまったく立ち止まったりしないので、それがなんだか壮快にも思うのです。
すみません。
このカテゴリー、ちっとも着物そのものをネタにするものがありません。

どちらかというと、娯楽性が重要視されて…。
すみません。そういうのが好きなんです。
そういう時代が好きなんです。

TSH 今回はNHK【タイムスクープハンター】。
ルポ風のドラマ?



時空を超えて江戸時代の様々な生活風景を取材するという
一見ノンフィクションのようなフィクション番組です。

最初たまたまチャンネルまわしたらやっていて、何事かと思いました(笑)。
CODE462331「忍者、その真の姿とは」の回。

いきなり緊迫した画面、なにかの実況中継のようだが、
でも……時代劇?(笑)

毎回テーマがあって、馴染みのないテーマであるほど面白いです。
今やってるシーズンのお気に入りは
「算額」(算術の問題を板に記して神社に奉納する絵馬のようなもの)とか
「仲人」(結婚相談所のような…)とか。

もちろん忍者とかカブキ者とかフィクションの中で
常にヒーローネタになってるテーマも面白いんですけどね。

なにか江戸という遠い昔の生活臭のようなもんが感じられると
なんだか楽しいのです。

それは海外旅行に行ってスーパーマーケットで地元の生活用品を
面白がってお土産に買うような感じに似てるかな。
【龍馬伝】NHK公式HP

毎年楽しみにしているNHK大河ドラマですが、今年は坂本龍馬。
しかもあの福山雅治さんが坂本龍馬というわけで、もうすっかり虜というか?
毎週録画するほどハマりまくっております【龍馬伝】。
ウチの母も楽しみしているらしく、週末に電話してきては
「龍馬さん、龍馬さん」とまるで近所の息子さん(?)のように連呼です(笑)。

ところで大河ドラマといえば、 いつもその衣装を楽しみにされている方
も多いと思いますが、今回は幕末の下級武士がメインキャストなので
一昨年の「篤姫」のような絢爛豪華なドラマの衣装よりも、もっとずっと庶民的。

むしろ当時の生活感のようなものも垣間見えるリアルさが見どころのひとつ
のように感じてます。

特に今気になってるのは加尾と乙女ねえやん。

坂本家や武市家の冨さんのように奥様方は皆さん暗い色目のお召し物が多くて
対して婚礼前のお嬢さん方の衣装はどことなく個性的!

加尾役の広末涼子さんの着物は紬なのでしょうか。
素朴な中にもお嬢さん風というか、淡い色が清楚な感じ。
乙女ねえやんの寺島しのぶさんのエンジ系の色味は気の強さの現れのようでもあり
質感ももっとずっと素朴な感じで、お日様の匂いがしそう(笑)。

同じような柄でも色や質感でこんなにイメージが違う、
そんなとこも喰い入るように見てしまいます(笑)。
ようこそお越し下さいました!
よかったらポチッと。
人気ブログランキングへ
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
ハナブサ
性別:
女性
職業:
サービス業
趣味:
お絵描きとかいろいろ?
自己紹介:
日本人に生まれたからには
やはりキモノ着たい!
でも着方がわからん!

というわけで。
お仕着せしか着た事のなかった初心者が、着付けや着物まわりのお勉強を開始。

思いつくまま不定期更新。
さらに、とある着物屋さんにて
ただいま丁稚修行中。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]