忍者ブログ
[401]  [400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「コーリンベルトって2本必要なんですか?」

上は今日お店でフォーマル着付について受けた質問ですが、
着付教室ではたしか「手持ちの道具で着付を完了させる」と教わったので、
コーリンベルトがなくても着付師さんのほうで
うま〜くやってくれると思います。

私自身は着付けの方法なんてなんでもありというか
外からちゃんと見えれば隠れたところはなんでもいいと思うのですが、
こと、フォーマルについては当然ですが「特別」ですから、
不安になる方も
多いのかもしれません。

着付け小物を大まかに分類してみると。

①基本の道具…
(着物)・(襦袢と半衿)・(帯)・(帯締)・(帯揚)・(伊達衿)
腰紐・伊達締・帯枕(とガーゼ)・帯板・
(足袋)・(肌襦袢)・(裾除け)
…補正を除けば、こんなもん?

②便利もの…
基本の道具と置き換えて。
ファウンデーション・ウェストベルト・コーリンベルト
マジックベルト・クリップ付き伊達締・教材枕・和装クリップ・etc…

これらのものは、実は無くても着付は出来ます。

そしてその便利さはたぶん自装する時により発揮されるもの…かな?

③体型補正…
「着物をきれいに着る」ためには補正が大事。
と繰り返し教わりましたしね〜。

で、補正は上記の項目とは別にします。
その理由は、補正の必要性は個人差が大きく、
また好みやTPOで
同じ人でも内容が変わってくることがあるからです。
例えば、普段紬で背中に補正を入れない人も
留袖時には背骨にそって薄く脱脂綿をのせたり、とか。
(胸元だけでなく背中の紋もキレイに見えるように…)

基本→脱脂綿・ガーゼ・タオル
便利もの→腰パット・和装ブラ・補正着・etc…

さらに腰パットを前側に逆さまに用いて胸元補正に使う、
という話も
誰かに聞いたことがあり、まさに何でも有りですね!
自分で着るなら、なるべく便利で簡素な方法を探したい。
でも、フォーマルは全面的に着付師さんにお任せ!
基本の脱脂綿とガーゼ、タオルで細かく補正してもらって
他の人から見てきれいに見えるポイント、知りたいですもん(笑)。


実は昔の人はたぶんあまり気にしてなかったんじゃないかと思うのですが、
今は特別な時に着物を着ることが多くなり、よりキレイに装う為の補正や
自装の様々な便利ものが考えられたのかもしれません。

私の祖母もたしか60代くらいまでは普段から着物だったけど、
そんな特別な道具なんてなかったような気がするんですよね。

という訳で、話は最初に戻りますが
コーリンベルトも別に絶対に必要なものってワケじゃない……と。

自分で着るようになったからこんなこと言えますが、
でもなにも知らないと、コーリンベルトがどう便利なのかわからなくて不安かも?
やっぱ気になることはお願いする着付師さんに聞く、が一番ですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 枇杷の思い出 HOME 忘れ物 >>
ようこそお越し下さいました!
よかったらポチッと。
人気ブログランキングへ
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ハナブサ
性別:
女性
職業:
サービス業
趣味:
お絵描きとかいろいろ?
自己紹介:
日本人に生まれたからには
やはりキモノ着たい!
でも着方がわからん!

というわけで。
お仕着せしか着た事のなかった初心者が、着付けや着物まわりのお勉強を開始。

思いつくまま不定期更新。
さらに、とある着物屋さんにて
ただいま丁稚修行中。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]