忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウニ?つい手が伸びる紬とつい手が伸びる帯。
秋口は黄色系の小物を合わせてましたが
今月はブルー系の小物を選ぶ。

今日は早速作ったばかりのステテコを
実際に着用してみました。

うん。
まあこんなもの?って感じ(笑)。
なにがいいって立ったり座ったりの繰り返しでも
はだけることないし、ギャザーの多い腰回りも
思ったほどもっさりしないみたい。

まあ気持ちの持ちようですけどね〜♪。

明日はまた今日以上に気温が下がるらしい。
雨も降るなら雨コートがいるかな。
PR
ステテコ最近着物を着る時、裾よけが
長襦袢の中でもっさりする気がして
キュロット型の古いペチコートを
代用しておりました。
できれば洗い替えに同様の下着が数枚欲しい
のですが、最近この手の下着をあんまり
見なくなった気がします。

そういえば量販店の衣料売場では

これからの季節ステテコが花盛りで、
これが型的には似たデザイン。
着物でも夏場下着としてステテコを
使ってる方も多いと聞きますので
使えそうなものがないか少し見てみたのですが、
やっぱ着物下着じゃないし、
カラフルすぎてあんまり欲しい色や柄がない。

もちろん着物用のステテコで
レースのついたかわいいものなども多いので
それを購入すればよいと思うのですが、
これはこれでまた生地デザインに幅がない
(贅沢いってるよ)んですよね。
基本白が多く着物の表地にひびかない色として
無難なのがいいのはとてもよくわかるんですけれども。

で、クローゼットを漁ったらまた買い込んで眠ってた麻混の薄手の生地があったので
思い切って自分で作ってみることに。(久しぶりのお裁縫!)
なんだかんだいって下手の横好きというか、不器用なくせに
生地とか手芸用品とか買い込んで放置されることの多いウチのクローゼット。
少しでも整理がつくなら御の字でしょう。

型紙はいつだかの七緒別冊(2009年12月発行「手ほどき七緒」)に載ってたものを参考に。

これがまあ、サイズにゆとりのある仕立てでちょー簡単&適当!おおざっぱな私向き。
裾にコードレースまで付けちゃうほど気持ちに余裕が(笑)。

さらに揃いの胸元補正はこれで自作5枚目!(実はちょこちょこ改良してる)
揃いで作っておくとなかなかいい感じじゃないですか?
ホラ、普段でもどうせ見えないのにブラ&ショーツセットの日は、
ちょこっと気分も上がるあの感じ♪

今回はベージュのチェックで作ったけど、
淡い色や白でも透かしプリントなんか可愛いかも。

すいません。
えらい少女趣味ですが、まあ下着なので勘弁してください。

気になる着心地ですが、裾さばきはやっぱり化繊よりはもっさりするかな。
肌触りを取るか裾さばきを取るか、悩ましい選択。
綿の裾よけよりはもっさり感も多少軽減されるのではと期待、です。

しかし、過去の記事をふりかえって思ったのですが、
なんか下着ネタの時のほうが着物よりもやたら気合い入ってるような…?
長襦袢−鱗柄綸子一気に春めいて、桜も開花宣言。
ともすると初夏の陽気?

早い、早すぎる……。

やっと羽織も出来上がってきたというのに、
やっぱあんまり出番のないまま
季節は足早に移りにけり…

こう急に季節がかわると
身体がついていきません(苦笑)。



毎月数日しか着物着てませんが、綿の肌着類はじゃぶじゃぶ洗うとして。
これからの季節、一番悩ましいのはやっぱ長襦袢のお手入れ…かな。

「自分でちゃんと洗濯したい!」
「しかもお手軽安全に!」
「すっきりさっぱり!!!」

着物はね、袷なんかはさすがに自分で洗うのは無理だろうけど。
洋服もドライクリーニングは季節が変わる頃に頼むじゃないですか。
でも肌に直接あたるブラウスやパンツは出来るだけ自分で洗えるような
素材のものばかり着てるからなあ。
せめて正絹長襦袢もどうにかならんものかとずっと思ってるのですが、
なにしろユニクロで買ったインナーやシャツなんかとは素材もお値段も違うので
あんまり思いつきで迂闊に試す勇気もないのです。


正絹は水に濡れると縮むという。
それでも帯揚げとか小物なんかはじゃぶじゃぶ洗ってますけどね。
おもしろいほどあきらかに縮んでゴワゴワになります。
おもしろがってどうする


絹専用の洗剤もあるにはありますが、これも縮みを完全に防ぐものではないらしく、
そもそも
絹は水を含むと変質する性質らしいので洗剤だけの話じゃないですよね。
特にやわらかものやお召しは水染みや縮みが目立つような。
そういえば同じく動物性繊維の羊毛も、水に濡れると縮むんだよな。

自宅で手洗いしても縮まないセーターとかは、
どうやら繊維の表面に樹脂のコーティングがしてあるようです。
ウチの店でも取り扱いのある「ふるるん」という洗える正絹長襦袢地があるけど、
これも絹の繊維に加工がされていて、繊維の毛羽立ちを防ぐものです。

まあ新しく誂える時は、それも一度試してみるつもりですが………
それよりもまず、母の箪笥に眠っていた長襦袢の反物をどうするか。
これをただ普通に長襦袢に仕立てても、
今持ってる正絹ものとなんら変わらない。

そこで私考えました。
どうせなら、ダメ元でもっと大胆かつ有益な使い道はないか。

正絹が水に濡れて縮むのは仕方ないと。
だったらあらかじめ縮ませてしまってから、お仕立てしたらどう?

いくら縮むといってもどこまでも際限がないわけでもあるまいし、
しかも、万が一縮んで普通のお仕立てには足りなくなっても

見えるとこだけ正絹という二部式襦袢にしてしまえば十分だろうし………
ひょっとしてこれからも絹部分が少なくて洗濯しやすい?

では早速!洗濯機でじゃぶじゃぶ反物を洗う!
もはや理科の実験に胸躍らせる小学生の気分。
とてもじゃないが自分で買ったものではまず出来ない扱いだわ。

ちなみに洗剤はいつものお洗濯用ナノックス。
どっぷり浸け置き30分。すすいで1分脱水。
すぐに低めの温度でアイロンかけてシワのばしのち部屋干し。

アイロンがけがああもう、クサイのなんの!
この匂い、もしかしてパラゾールとか?(かなり化学的な感じ)

で。ここまでさんざん言い訳を用意して決行した正絹の水洗いですが。

なんと!
……ほとんど縮まなかったよ。
綸子の長襦袢地。

もしかして織り方とかにも違いがあるんでしょうか。
縮緬はそりゃもうあきらかにガッツリ縮みますが、それに比べるといささか拍子抜け。

なんだ、普通に仕立ててもこれだったら自分で洗えるんじゃ…。
洋服でも絹物を洗うとよくゴワゴワした感じになりますけど
どうも濡れてるうちにすぐアイロンかけて干せば、
そんなシワもゴワつきもなく案外大丈夫な感じ。
色落ちもなく、汚れもくすみが取れた感じでまあまあかな。

「私もやってみよう!」と思った方、
綸子なら絶対大丈夫という保証も出来ないので十分ご注意下さいませ。

なにはともあれ、ああスッキリした!


これを一応お仕立てに出しとけば、今持ってる正絹ものを思い切って
自分で洗って縮んだとしても着るものがなくなることもないかな。
先日お店で悉皆の専門家を招いて相談会を催しました。
あの雪の成人式のあと、多くの方がお手入れ相談で来店されます。
汚れ防止加工サービスをうけたお着物もたくさん拝見しました。

パールトーン加工
スコッチガード
ダイヤモンド加工
はればれ加工
ソフトシルクガード
しあわせガード
……etc

私の勤めてるお店でも先の先生のいる悉皆の専門店に加工をお願いしており、
ちょっとした汚れなら防いでくれるので是非利用することをお勧めします。

ぶっちゃけ撥水加工をして汚れを付きにくくするという。
(特に軽めの水しみとか。)
まったく汚れない訳ではないので過信しすぎるとあぶないですが、
それでも着物を着る時、ちょっと気が楽になるんですよね。

この加工がされているものは、ほんのわずかに張りも増すような気もします。

しばらく着る機会がない着物はよく丸洗いのご依頼を頂きますが、
他店で購入されたこうした防汚加工を施したお着物は
お得なアフターケアが受けられることも多いので、
まずは購入店にご相談されるのがいいと思います。
保証期間中、特別なしみ抜きでなければ何度でもお手入れ無料!
なんてのもあります。(ウチもそうです。)

でもね。
たまに「遠方に住んでる親戚から譲り受けた」
「買ったお店が閉店しちゃって…」等
ありゃ困ったね、な状況も聞くんですよね。

だいたい洋服のクリーニング屋さんのように
ご近所に選べるほど呉服店なんて無かったりするし、
たまにしか着物着る機会なんてないのに(レンタルだってあるし)
なかなか「馴染みの呉服屋さん」なんて出来ないですよね〜。

着る機会が少ないからこそ、なおのこと思い出の品として大切にほしい。
そういうお手伝いができるといいなぁ。

結論。
大切な着物を長期間保管するときは、
極力湿気に気をつけて、こまめに様子を確認しておこう!
小人さんが悪戯しないように(笑)。

(自分の箪笥の中もね。)
着物シールリスト女子にとって身につける衣服は(洋を問わず)
気持ちまで左右されちゃう大事なもの。

どんな着物が好きですか?
着物を着た自分、どんな風に見られたいですか?

着付けを習い始めて2年半ほど、
そんでキモノのなにがわかったかって
単に着付け方が少しわかってきただけで、
(TPOはともかく)コーデのセンスはまた別問題。

先日友人達と着物の収納について話す機会があって、
ふと自分のクローゼットの中を見直してみて、あはは。なんじゃこりゃ?ってくらい
ほとんど行き当たりばったりな買い物ぶりを自覚してしまいました。

ブログ初めてすぐに、まったくの主観で着物スタイル分析(2010/4/17 2010/4/24
をしてて、あの頃は今よりもっとものを知らない中で夢想して自分でも笑えますが、
じゃああの頃を思い返し、今の自分はどうなんでしょう。

そろそろ自分に似合うキモノの着方、わかってもいいんでない?
(うう、2年経ってもまだこの程度…)

驚いた事に、私の手持ちなんてたかがしれてるのに
それでも買っておきながら一度も袖を通してないものもあったりするんですよ。
まあ、もったいない!

その理由はおそらく以下の2点……
・自己分析が十分でない
(買ったときは似合うつもりだったが、着る機会が限られたり合わせにくかったり)
・持ってるものを十分に把握してない
(買い足しアイテムもいつもすぐ思い浮かぶものと合わせるので
結果的に似たような組み合わせになりがち)

(うっわ、なんだかへこむなあ…。)

で。
その辺の合理的改善を念頭に置きつつ、
クローゼット内の着物をリスト化をしようという試みです。
これでもうちょっとコーデも想定しやすくなる…かしら?

洋服じゃこんな事しませんけどね。
着物はほら、普段畳紙に入れてますから。

別にエクセルとかでもいいけど、私はシールも作成して畳紙に貼ろうかな。
ラベルシールのA-oneサイトに「ラベル屋さん」という無料ソフトがあるのでそれを利用。

今日は着物を片付けたので、次は帯もまとめよう。
ようこそお越し下さいました!
よかったらポチッと。
人気ブログランキングへ
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
ハナブサ
性別:
女性
職業:
サービス業
趣味:
お絵描きとかいろいろ?
自己紹介:
日本人に生まれたからには
やはりキモノ着たい!
でも着方がわからん!

というわけで。
お仕着せしか着た事のなかった初心者が、着付けや着物まわりのお勉強を開始。

思いつくまま不定期更新。
さらに、とある着物屋さんにて
ただいま丁稚修行中。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]