忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

胸元補正着補正着後













本日また、胸部の補正着を改良いたしました。
浅めに衿合わせが出来るよう、首もとのV角度を結構広げてみた。
久しぶりのミシン♪

なにしろ衿は顔に近いので、ここが決まるとかなり嬉しい。
私のような胸が薄い体型は衿もとが着崩れしやすいんですよね…。
ああ、悩まし。

さらに留袖とか礼装では広めに半衿を見せグッと衣紋を抜くのですが、
この留袖が比翼もあるので相変わらず苦手ですにゃ。
(着る機会は……うにゅ)
PR
着物ハンガー狭いながらも楽しい我が家……
にしようと引越後、アレコレ思案中です。

最近の賃貸マンションはフローリング鴨居無しな造りで
着物を吊るせる場所がない事が多いです。

そこで。
なんとか使い勝手をよくしたいと壁面ハンガーを購入。
…が?
なんと戸の上部に届かない!
新しい部屋の造りはよく見たら引き戸もドアもデカく、
実はカーテンも特注で余裕で2m越え。

開口部が広いのは部屋が広く見えていいけど
いろいろ規格ものが使えなくてお金かかるなあ。
 
帯枕最近お太鼓で帯を結ぶ時、
帯枕の形が気になってます。

振袖に結ぶような袋帯の変わり結びは
特殊なのでそれほどでもないのですが、
普段着のお太鼓結びの時の帯枕、
よくよく見てみると長さや厚みが結構
ものによって違うんですよね。

たとえば左の中と下のふたつが普段着用、
こうやって見ても長さが2cm近く違います。
(※思わず「普段着用」とか書いてしまいましたが
二重太鼓もこれだから正しくは「お太鼓用」ですね。)

身につける人の体格には個人差があり、また年齢もありますが
それによって似合うお太鼓の大きさも違うはずだしなぁ。

どうも私が今使ってる帯枕、お太鼓の上線がなかなか決まらないのは
帯枕の幅が狭いから…かもしれません。

今まで「帯枕なんてどれもそんな違わない」と思ってたけど、
厚みが控えめで幅の長いものだともっとシャープに見えるかも。

ちなみに教材枕を使うとダントツシャープです。

ところでいろいろネットショップ検索してたら
角出し用の枕も見つけてしまった。

よくチラシを折って角出し用の枕にしますが、
さすがにこうした既成の枕にひかれるのは
やっぱまだまだ手が慣れてない証拠っすね…。
 
未解決事件ファイル・グリコ森永事件をTVで見ながらちくちくお裁縫。
でも見入って手が止まりがち、思いのほか時間かかってしまった。

ナニを作ってたかというと、着物プロテクター………
殿方出禁テーマ(つーか見ない方が身の為…)、夏用の胸元補正着でございます。

着付け教室でまずはじめに自分にあった補正着を作るのですが、
脱脂綿とさらしなので夏は気軽に洗濯できないのがちょっとヤダ。
しかし、補正をしないと着崩れ度もあがり、なんとなくだらしない。

で、いろいろと素材を検討しながら試しに作ったのがコレ。
補正着-前補正着-後













押し入れに眠ってた綿麻のハギレに洗いざらしたフェイスタオル。

サイズはかなり適当に、でも教室で作ったものを参考に型紙とって生地をカット。
(生地サイズ:巾約40センチ×長さ約60センチ)
裏地はバストトップから上にかけてタオル地で中表に縫い合わせてひっくり返しただけ。
肩先から紐くっつけて脇に紐通しの輪っかつければ出来上がり。

補正着-裏で、タオルと生地の間にハンカチとか手ぬぐいとか
挟んで調節しようと。
背中も一応タオルのあまりぎれを利用。

補正下着は市販でたくさん出てますが、
案外バカにならないお値段しますよね。
どこまでもケチってこのタオル、
実は近所の商店街組合さんが
郵便受けに入れてってくれたものだったりして
目の粗いちょっと薄手なのがむしろいい感じ。


タオルは重ねて縫うと、縫い代分少し厚みが出てしまうので
ステッチをいれるとかして押さえてみた。

なんか久しぶりにちょっとした達成感。
もともと縫い物はザッパな性格が災いしてうまくいかない事が多いんですが、
こうやって作ろうとか考えるのは楽しいです。

しかし、着物テーマじゃ珍しくないネタだけど
冷静に見ると色気のない話題だわ………。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

紺浴衣日曜にプラッとでかけて詰め物にいいもの見つけた!
それはパッチワーク用キルト芯でございます。

早速浴衣の補正に使ってみたらかなり軽くてよさげです。
(横から見たらほんとに真っ平ら……)








先日から考えてるカテゴリーを図式化してみました。

スタイルカテゴリー図1は分類したスタイルの相対的位置づけ、図2は素材。
知識的には拙い私ですが、拙いからこそ!

ネット等で気になるお品を(かなり大雑把に)横目に見つつ、
傾向と対策を。

だって。

色や柄に惹かれて衝動買いすると、
手持ちのものとちぐはぐだったりするじゃないですか。
気に入って買ったものがすぐ着れないのは
とても哀しいっす。

日々これ精進。

着物ってずっと長いこと堅苦しい面倒くさいモノだと思ってました。
それは晴れ着としての着物だったからかも知れません。

44dafdd5.gif格とかTPOとか、いろいろと細かいルールはあるけど、
着物にも晴れ着・普段着、あって当然なんですよね。
(昔は日々是着物、だったわけだし!)

そんなことをあらためて思うのは
やっぱりまだまだ着物が特別なものだから。

特別だよね〜。
そもそも自分のまわりに普段から着物の人なんて皆無!

それくらい特別だけど、でも着物すべてが晴れ着(堅苦しいもの)じゃないって事が
少しずつ体感出来てる気はしてます。

今はそれがちょっと嬉しい。

ホント手持ちが少なくて柄合わせひとつにしても苦労するんですが、
そんな時こんなのがあればいいなと思う、それはPSPソフトの「MyStylist」というタイトル。

http://www.jp.playstation.com/scej/title/mystylist/

自分の手持ちの洋服コーデを試せるのだな(笑)。
この着物版があれば楽しいと思いません?♪♪♪
ようこそお越し下さいました!
よかったらポチッと。
人気ブログランキングへ
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
ハナブサ
性別:
女性
職業:
サービス業
趣味:
お絵描きとかいろいろ?
自己紹介:
日本人に生まれたからには
やはりキモノ着たい!
でも着方がわからん!

というわけで。
お仕着せしか着た事のなかった初心者が、着付けや着物まわりのお勉強を開始。

思いつくまま不定期更新。
さらに、とある着物屋さんにて
ただいま丁稚修行中。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]